Yuki Kamitani神谷 祐貴
第一教育本部 第一ゼミパシード
2016年入社

※所属部署・役職は撮影当時のものです。

Yuki Kamitani神谷 祐貴
第一教育本部 第一ゼミパシード
2016年入社

子どもたちに
勉強の楽しさを教えてあげたい。
そのために学んだ
「信頼」することの大切さ。

大学時代にアルバイトで塾講師を経験。成績が伸びて喜ぶ子どもたちの姿を見て、塾関係の仕事で成長をサポートしたいと考えました。さまざまな企業研究を行う中で、面接の雰囲気が明るくアットホームでありながらも「1/1の教育」をはじめしっかりした教育理念を掲げるウィザス。一人ひとりに寄り添った指導をしたいと思う私にとってまさに理想の企業でした。

今は中学受験部門で教員をしています。生徒は意欲の高い子ばかりですが、全員が最初から勉強が好きなわけではありません。勉強の楽しさを教えてあげたい。そのためには生徒との心のつながりが必要です。そこで6つの実践にもある「信頼関係」の構築を考え、積極的に生徒に声を掛けるようにしました。すると次第に心を開いてくれるようになり、「勉強してみる!」という言葉が生まれ、「成績が伸びた」「家で復習してきた」と前向きな変化が起きたのです。本当に嬉しかったですね。小学生は意識の変化が早く、勉強に対してプラスのイメージを持つと進んで取り組むようになります。たくましく成長する姿を見ているとやりがいを感じます。

自分の成長を後押ししてくれるのは、
先輩や生徒・保護者の方々の存在です。

授業をする中で「こうしたらよかった」と思うこともあります。そういった時には、生徒の反応を見て改善点を分析したり、同じ教科の先輩に相談したりします。生徒が使うテキストを見て「こうしたらわかりやすい」「ここで困るのだろうな」とシミュレーションすることで課題の発見にも努めています。
また、保護者の方からいただいたお話や先輩からの指導を素直に聞き入れ、実践することで自分の成長につながることも多くあります。そして自分の成長が生徒の成長につながる。そんなプラスサイクルの成長の日々を過ごしています。

生徒に勉強の楽しさを
教えるだけでなく、
新規事業を通じて校舎運営についても
学んでいます。

小学生とは、将来に向けて本格的に勉強を行うためのスタート地点。だからこそ私たちが前向きに指導することで、生徒たちも前向きに勉強に取り組める。そんなプラス思考で学べる環境をつくっていきたいと考えています。
また、入社1年目に新規開講された「いしど式そろばん」にも、教員として参加。そろばん指導だけでなく、指導の仕組みや進め方など、スクール運営の部分も少しずつ学んでいます。そのような新たな取り組みに若いうちから関われるのもウィザスの魅力です。

OFF

Profile

神谷 祐貴

観戦、応援をするのが好き。スポーツは全般。中でも野球が好きで、TV放送がないときはラジオで聞くことも。最近は音楽フェスに行くことが多く、予定が合えばチケットを入手。お祭り感のある会場の雰囲気が大好きで、わーっと中に入っていくこともありますが、後方で全体の熱気を観るのもお気に入りの参加スタイル。いまのイチ押しアーティストは10-FEETで、スマホでよく音楽を聴いています。

6つの実践

※所属部署・役職は撮影当時のものです。

社員紹介選択へ社員紹介選択へ