Arata Fujii藤井 新
第一教育本部 ファロス個別指導学院
2017年入社

※所属部署・役職は撮影当時のものです。

Arata Fujii藤井 新
第一教育本部 ファロス個別指導学院
2017年入社

生徒のために
どうすればいいのか考える。
その熱量が、
生徒の成長力につながっている。

高校時代に保育のボランティアに参加。小学生の子どもたちと遊んだり宿題を見るうちに、子どもの成長をサポートしたいと考えました。そこで大学では教員免許を取得。しかし民間企業の方が、幅広い視点で教育に関われると考えて就職活動を行いました。ウィザスなら、生徒一人ひとりにいろんな選択肢のきっかけをつくることができる。その想いで入社を決意し、ファロス個別指導学院で働くことになりました。

指導を行う上で実感したのは、成績を上げるためには塾での学習指導だけでなく、学校や家でも勉強をするという自主性の大切さです。そこで考えたのが、学習計画の話だけでなく、「ありがとう」「頑張ってね」など、プラスの一言をかけることでした。すると「もっとやってみる」と前向きに応えてくれるようなったのです。また、生徒と話す際には、常に生徒が目標を持てるように意識しました。それが信頼関係を生み出し、その積み重ねが一緒に目的の実現に向かうための推進力になる。生徒の成績だけでなく人間的にもどんどん成長する姿を見ていると仕事のやりがいを感じます。

それぞれの個性を伸ばすことが、
全ての成長につながる。

入社当初は複数の教室で指導を兼務。そのとき気づいたのが「教室長だけでなく、講師やスタッフの人柄が教室をつくる」ということでした。考えたのは、まずは一度、素直に受け止めてみること。すると教室の今の課題や改善点、目標などが見えるようになり、自分なりの意見や提案ができるようになりました。また講師に対してもその人の個性を出せるように考えながらアドバイスすることで、講師の成長につながるように努めています。
教室運営はみんなの力が必要です。常に周囲にアンテナを張りながら、みんなが働きやすい環境づくりに努めています。

1のチカラより、10のチカラ。
特色のある組織で、
みんなの成長に貢献したい。

この仕事のやりがいを感じるのは、生徒の成長はもちろん、生徒をサポートする講師の成長を実感できたとき。みんなが一丸となって生徒にきめ細やかな指導ができるようになったとき、教育理念である「1/1の教育」を実感できるようになります。その中で自分自身の成長をワクワク気分で楽しむことができるのがこの仕事の魅力。将来はまず教室長となり、自分の色をつくりながら、生徒や講師の成長を支援したい。そのために今できることは何か。どうするのがベストなのかを日々考えながら努力しています。

OFF

Profile

藤井 新

OFFの日は読書をしたり、カフェで音楽を聴いたりと一人の世界に耽ることが多いです。「こんな発見があったよ」、「こんな本があったよ」など、生徒や講師に教えてあげるのも楽しいですね。(実はベタな恋愛小説なども好きだったりするのです(笑))。基本的にはON・OFFを切り替えるのではなく、公私ともにいろいろ考えていることが多いですね。

6つの実践

※所属部署・役職は撮影当時のものです。

社員紹介選択へ社員紹介選択へ